引越費用を安くできる物件|利便性を考慮してマンスリーマンションを選ぼう
間取り図

利便性を考慮してマンスリーマンションを選ぼう

引越費用を安くできる物件

つみき

初期費用が軽減できる

通常、敷金と礼金は、合計で家賃の1〜2ヶ月分程度かかるため、多くの人にとって入居時の負担になっています。そこで便利なのが「敷金・礼金なし」の物件であり、初期費用を大きく軽減できるというメリットがあります。ですので、とにかく貯金や手持ちのお金がないという場合や、急な引越しが必要な場合に便利だと言えます。そしてお金がある場合でも、敷金・礼金なしの物件であれば、その分の費用を家具や家電の購入に当てることもできるでしょう。さらに、初期費用が少なくて済む分、ワンランク上の物件を選ぶことも可能だと言えます。また、短期入居で違約金を支払わなければならない場合でも、トータルで考えると通常より安く済むというケースもあります。

通常の物件との違い

そもそも、なぜ「敷金・礼金なし」が可能なのかというと、本来は大家が負担する退去時のクリーニング費用などを、入居者に負担してもらうといった仕組みを取っているからです。それに、敷金・礼金なしにして契約をしやすくしたほうが、空き室による損失が減って大家の側にもメリットがあるという事情もあります。ですので、敷金・礼金なしだからといって、通常の物件と比べて特に質が落ちるということではありません。ただし、退去時に支払う原状回復の費用が通常より高くなったり、家賃保証会社への加入が必須になる場合もあるという注意点も挙げられます。そのため、契約時は、特にさまざまな費用に関する契約内容をよく確認することも必要だと言えるでしょう。