京都府南部で住むには|利便性を考慮してマンスリーマンションを選ぼう
間取り図

利便性を考慮してマンスリーマンションを選ぼう

京都府南部で住むには

集合住宅

京都府南部の賃貸物件

京都府の賃貸物件の家賃事情ですが、やはり京都市内は高く、1ルームマンションでもそれなりの値段がしますので、京都市内にこだわらず通勤や通学の利便性も考慮して探すのが賢明です。京都府南部は交通の便も良く、家賃の安さも考慮すると城陽市がオススメです。城陽市は京都府南部の人口数万人規模の地方都市です。不動産も京都市内ほど高くなく、何より鉄道の利便性が良いのが特徴です。鉄道はJRと近鉄の路線があり駅周辺を中心に栄えています。どちらの路線も京都駅と乗り換えなしでアクセスしており、更に奈良駅へも乗り換えなしで行けるのが魅力です。京都と奈良の中間点なので、どちらも通勤圏内です。家賃も3LDKで6万円台からありますし、静かで環境も良い子育てにも向いたところです。

京都府南部が人気

城陽市の不動産の人気の理由として、先程紹介した通り家賃が安く、鉄道網が発達していることもありますが、それ以外では道路事情も改善されることです。新名神高速道路が開通予定で、これにより不動産価格も値上がりする可能性があります。また城陽市はサッカーが盛んで、多くの方が利用する練習場もあります。お買い物では城陽市には郊外型のショッピングモールがありますので、困ることもありません。物件を探すなら、やはり地域密着型の不動産屋に相談すると良いでしょう。これまで述べた特徴が利用できる良質物件を紹介してくれることでしょう。物件を紹介してもらった後は、実際に下見することが大切です。何故なら提示された情報を参照するだけでは、自分で把握できない部分も出てくるからです。