特定しているところが安心|利便性を考慮してマンスリーマンションを選ぼう
間取り図

利便性を考慮してマンスリーマンションを選ぼう

特定しているところが安心

部屋

同じ境遇

大学入学と同時に親元から離れて一人暮らしをし、学生生活を始める人は多くいます。多くは大学に近いところにある賃貸物件を借りることになりますが、学生向けなのは学生だけを受け入れている賃貸物件でしょう。学生ばかりが入居しているとなれば、子供のいる部屋から子供の声が聞こえてきたり、夜勤勤務サイクルのため、夜間起きている人の部屋から物音がしたりといった音の問題に悩まされる確率が少なくなるというメリットがあります。たいていの学生は朝、同じような時間帯に起き、学校に行くことになるでしょうから、生活リズムが似てくるために同じ境遇の者同士、理解しやすいという特徴が生まれます。これは賃貸物件を借りる上で、かなり重要な要素になると言えるでしょう。

距離に注意しよう

土地勘のない場所で新しく学生生活を始めるとなると、できるだけ学校に近いところという視点で賃貸物件を探しがちです。確かに学校に近いのは便利ですが、近いがゆえに友人たちのたまり場になることも多く、学生としての時間を充実させることが難しくなります。さらに買い物や、バイトをする可能性が高い繁華街との距離にも注意が必要です。賃貸物件が繁華街に近すぎると、親元から離れた解放感からつい遊びすぎてしまい、勉強に身が入らなくなる恐れがあります。バイト先と住まいが近いのは便利ですが、バイト先の多くが繁華街になることを考えると、学校と住まい、繁華街と住まいとの距離が適度に離れていた方が、それぞれの場所での過ごし方にメリハリが生まれます。